クロス張替えでよく起こる現象(中野区)

中野区にて オーナー様物件です。
CIMG2727.jpg
タイトルのとおり、クロス張替えの説明です。
既存のクロスを剥がすとその裏打ちの紙が残ります。
壁紙は表面の印刷層と裏打ちの二層になっていて、
剥がすときはほとんどの場合この二層が分離します。

最近の建物はほぼ下地は石膏ボードと言っていいでしょう。
クロス職人は新築の際にこの石膏ボードにまず、パテを掛けます。
大工さんが作った石膏ボード下地を平滑にするためです。 そして、
パテが乾いてから更にサンドペーパーを当てて平らにならしクロス
を張ります。 新築の時はそれできれいに納まるのですが、張替え
は少し違います。

 新築時にクロス職人が使ったパテの性質にもより
ますが、下地の石膏ボードと密着していない場合があります。
そうすると、上の画像のように『浮き』が出ます。 これは、どんなに
腕の良い職人が施工しても出ます。 この張ったばかりの段階で、
この職人はダメなどと勘違いなさらないで下さい。

CIMG2734.jpg
乾くとこの画像のように皺はピンと伸びます。 ご安心下さい。
それがクロス張替えというものです。

ご相談はこちら➡空専館

プロフィール

空専館スパロー内装 代表 山本茂之

Author:空専館スパロー内装 代表 山本茂之
クロス壁紙張替、内装工事 直接工事で大好評!
運営者の奮闘記です。

東京都小平市小川町1-957-19
FAX専用042-343-5102
携帯直通090-8489-6222
WEBサイト 「空専館」で検索!
http://kabegamikurosuharikae.2-d.jp/kuusen1.html

月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR